サロン営業をはじめました。

種ノ箱では、サロン営業をはじめました。
おしゃべりでも、お茶でも、読書でも、くつろぎに来ていただくだけでも結構です。
サロン営業の日時については、スケジュールをご覧ください。

IMG_3210.JPG

サロンのご利用料金。
2時間以内:800円(お茶一種、お菓子付き)
2時間以上:1600円(お茶二種、お菓子付き)

なお、試験的に持ち込みのお茶を淹れさせていただいております。
その場合には800円から300円の割引を割り引いた500円がご利用料金になります。

どうぞよろしくお願いします。

まちライブラリー@種ノ箱の日を設けました。

種ノ箱は、まちライブラリーに参加しています。

5e90c37e-c99c-4d42-9038-4afa58b2434c

なのですが、本が種ノ箱の中に置いている本箱の中にあって、気軽に手に取っていただける状態ではありません。

そこで、本を手に取っていただく機会を作らないと見ていただけませんし、店主がまちライブラリーの本を読む日を作らないと読む時間がなかなか取れない状態なので、まちライブラリー@種ノ箱の日を設定しました。

12/1(木)、12/16(金) 11:00-19:00を種ノ箱の「まちライブラリー@種ノ箱の日」にしたいと思います。今後も月二回程度、「まちライブラリー@種ノ箱の日」を設けていく予定です。

まちライブラリーの本を読む日です。

種ノ箱に今は3冊しかない本を読んでいただいてもよいですし、他のまちライブラリーから借りてきた本を読んでも構いません。

この日に、種ノ箱で、まちライブラリー以外の本を読むのは、ご遠慮ください。

この日は、一人一冊まで寄贈を受け付けます。

ご利用料金。

  • 読書、おしゃべり無料
  • お茶1種、お菓子付き:300円

どうぞよろしくお願いします。

種ノ箱でのイベント予定(2016-11-28)

大阪市天王寺区空堀町の露地再生複合施設 宰-つかさ-の2階の種ノ箱のイベント予定です。
フェイスブックページに内容を記載しています。
お申し込みはメールでも承っております。フェイスブックをされていない場合は、 takiho@chaai.info までメールにてお申し込みください。

よろしくお願いします。

11/19(土),20(日)まちライブラリー@種ノ箱のイベントを開催します!

まちライブラリー@種ノ箱のイベントを週末の土曜、日曜に開催します。

11/19(土曜)は、午後2時より本を使って遊びます♪
本を二冊お持ち寄り下さい。できればジャンルの異なるものでお願いします。

本を使っていろいろ遊んでみようの会@種ノ箱
https://www.facebook.com/events/576775572523353/

12984f2c-8bf4-4d47-af52-eab928f2746a

11/20(日曜)は、おやつ時に開催します。
「おうちにあると嬉しい本」を一冊お持ち寄り下さい。
その本を紹介しあって、お茶とお菓子をいただきながら、おしゃべりする会です。

茶の間のショーケースに本を植える会
https://www.facebook.com/events/1363686827005286/

5e90c37e-c99c-4d42-9038-4afa58b2434c

いずれも参加費:800円(お茶、お菓子付き)

参加表明は、フェイスブックのイベントページで「参加予定」にするか、 takiho@chaai.info までメールを頂けると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。

茶源郷まつりと、たまほり蚤の市と、そのあと

先週末は、ちょっと忙しいスケジュールで、土曜日は茶源郷まつりに出店。日曜日は露地再生複合施設 宰-つかさ-のたまほり蚤の市でした。

264462a1-8d9b-4ca5-af64-77293b842fba
茶源郷まつりのパンフと、たまほり蚤の市の為にかいたブラックボード。

茶源郷まつりは、日本で作られた紅茶のいれ方ワークショップで種ノ箱として出店。
日が昇る前に、大阪を出発して、京都府相楽郡和束町の会場へ。

ワークショップは、総合受付よりちょっと上がったところに、集められていました。
木々の中にある広場で、日は昇っているものの、木々で太陽の光が遮られ、日が当たらない時間は、ちょっと寒かったです。

IMG_2822.JPG
京都府相楽郡南山城村のカフェFront。早く着きすぎて、まだ準備している人少なかった。
IMG_2823.JPG
アポテケ。久々に、ちょっとだけ生で見れました(^-^)

とはいうものの、イベント開始の10:00頃になると、日が当たるようになって、いい感じにあったかくなりました。

茶源郷まつりは、今回で3回目の出店。
土日のどちらかがたいてい雨が降ってしまうので、いいお天気になることが珍しいので、迚(とて)もラッキーやなぁと思ってました。

自分の出店ブースからあたりを見回すと、ホイロがあったり、お茶つながりの人、本(まちライブラリー)つながりの人、南山城村つながりの人に囲まれてて、なんだかあんまり緊張しない感じでした。

ワークショップ自体は、日本の紅茶の種類の全体的な傾向とか、ポットや急須や宝瓶でどんなふうに変化するのかを説明したり、質問に答えたり。結構のんびりしたワークショップやってました。

で、次の日は、露地再生複合施設 宰-つかさ-のたまほり蚤の市。

朝にテナントたちが集まって、当日分の飾りつけをせっせ、せっせとやって。
オープンすると、たくさんの人に来ていただいて。

種ノ箱では、休憩にお抹茶とお菓子を付けるのを茶の間でやって、板の間では茶農家さんとお茶販売してる人にお茶の試飲販売をやってもらって。

茶の間のお抹茶は、自分でやったので、来ていただいたお客様とお話ししたり。
とても嬉しかったのは、小学校低学年のお子さんとお母さんが、お抹茶目がけて来てくださったことでした。

IMG_2832.JPG

IMG_2830.JPG
たまほり蚤の市のお絵描きボード。色取り取りにサクラクレパスのクーピーペンシルで描いてくれました。

う~ん、もしかして、もう少し広いところで、抹茶の点て方とお絵描き(抹茶アート)とかやったら、子供さんにも、お茶興味持ってもらえるんやろうか?と思っちゃいました。

というわけで、今週末の土曜日は、先週末の二つのイベントに触発された企画を開催します。

宜しければ、ご参加くださいませ。
ではでは~