種のこと

お店の名前、「種ノ箱」といいます。
種は、可能性を秘めてると思っていて、それが少しでも大きくなる場所にしたかったから。
箱は、四畳半の畳の部屋が、箱をイメージしやすくて、改装前の元々の長屋の一室は箱をイメージするような感じで。

というのは、お店が出来る前にロゴのデザイナーさんたちと一緒に考えていたこと。

あるお茶友達に「秋保さんところのコンセプトは?」と言われて、答えに窮したんですよね。
一つ一つを試しながら確かめながら、半年が過ぎようとしてるのに、骨格がないなぁと。

で、今のところこうしたいというのがなんとなくイメージできるようになってきて、たぶん
「心地よくして、楽しくして、ささやかな幸せを感じれる場所」
というのが目指すところかなと思ってきました。

在り来たりで、ぼんやりした表現かも知れませんが。

あ、リアルな種ノ箱がやってきます!!
在来作物の種に詳しい前田さんをお招きして、マニアック読書会というイベントを開催することになりました。
とっても面白い企画なので、よろしければ、ご参加ください。

さて、去年の今日、宰の見学とまち歩きのイベントの申し込みを送りました。
よちよち歩きでなんとか、宰に関わりはじめてちょうど一年。
ちょっと嬉しく、まだまだ大変。
とは言っても、はじまりは、一通のメールを送るところからでした。

「六波羅真建築研究所、XX様

はじめまして、秋保ともうします。

3/10(木曜日)の宰-つかさ-再生前現場見学を希望します。
1名です。

…」

これが一つの種だったのかも知れませんね。

f89d676e-0d49-4d0c-b44a-c6fa47250d09

それでは、また〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です