海外紅茶、どんなのをイメージしますか?

海外紅茶、どんなのをイメージしますか、と尋ねられたとすると…、あなたは何を思い浮かべますか?


インド、それも、まずはアッサムという人もいるんじゃないかと。
生産量が一番の国、インドの紅茶。

IMG_5570.JPG

このムジカティーのアッサムは、オレンジペコーです。
比較的大きな茎が茶こしに見えます。

再び、別の人への質問で、海外紅茶、どんなのをイメージしますか?と尋ねられたとすると…


ブレンドティーという方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

紅茶をよく飲む国、アイルランドの老舗紅茶屋ビューリーズがブレンドしているゴールドブレンドティー。

IMG_5571.JPG

ケニヤ、インドのアッサム、ルワンダが入っているそうです。
ルワンダが入っているところが面白いですね〜!

座布団タイプのティーバッグ。
茶こしも要らず、茶殻もバラつかないので、ポットも洗いやすいです。

またまた、別の人への質問で、海外紅茶、どんなのをイメージしますか?と尋ねられたとすると…


インドが出てきたんだからスリランカは?という声が聞こえてきそうです。

IMG_5579.JPG

というわけで、ムジカティーのプライドオブスリランカ。スリランカ産。
スリランカで作られた紅茶は、セイロンティーって呼ばれます。

ブロークンオレンジペコーファニングスという小さなお茶っ葉の紅茶。
細か目の大きめの茶こしで。

ムジカティーのポット大だとティーカップ三杯分のお湯でいれるんですけれど、三杯目にはお茶っ葉がたくさん注ぎ口から出てくるので、大きめの茶こしの方が便利がいいんです。

もう一回、別の人への質問で、海外紅茶、どんなのをイメージしますか?と尋ねられたとすると…


たぶん、これが出てくる人は少ないような気がします。

IMG_5580.JPG

アフリカンプライドティー、タンザニアの紅茶です。
perfect blendって書いてあります。
申し分ないブレンドとでも訳すのかな。

モノトーンのパッケージで、たくさんの動物と雲が描かれていて素敵です。

ところで、タンザニアとケニヤはお隣同士。
CTC製法といわれる、ころころした小さな丸っこい茶葉なんです。


さてさて、4種をまとめて一枚にしてみました。

IMG_5582.JPG

すると見えてくるものありませんか?
なかなか興味深いです。

おいしいを画像で伝えるには?

ブログ側のインスタグラムでは、結構お茶の画像をアップしています。
画像だけでおいしさを伝えるのって、なかなか難しいんですよね。

なんとなく、このお菓子とこのお茶だったらおいしそ~はあるんですけれど。
画像にペンで書きこむように「おいしー!」と書くとか、とにかく雰囲気をよく見せるとか。

そもそも味覚をどうやって視覚で表すのか?
いろいろ試行錯誤中です~

え~と、とりあえず書くと、この画像の紅茶は普通にポットで淹れた時より、手鍋で煮出した方が香りがしっかりして少しコクが出てて美味しかったです!!

IMG_5538.JPG

改装の名残

種ノ箱が入っているのは、露地再生複合施設 宰-つかさ-です。
元々は、昭和30年代に建てられた長屋の文化住宅。

複数の店舗が入れるように間取りを変更したり、内装を改造したり、外装をキレイに統一感のあるようにしたりする改装が行われています。

種ノ箱にあるこの柱、なんだと思いますか?

IMG_5507.JPG

実はこれ、元の住居の間取りでは壁に組込まれた柱で、上から下までの2箇所にある柱の穴は押入やら、壁の渡しに相当するんです。

改装しているとはいえ、元々の名残が見えるところも、再生複合施設の魅力なんじゃないかと思います。

お茶で一服

この記事を読んでいただいている方のお茶ライフは、どんな感じなんでしょう。

なにかの作業をして一息つくときに、お茶を一杯。お菓子を添えてとか。

IMG_5318.JPG

朝起きてトーストと紅茶だったり、食事時だったり、夜寝る前とかだったりするんでしょうか。

ふと、お茶好きさんになったりすると、お菓子なしでお茶だけで色々飲むようになっちゃってること多そうだなと。自分を振り返って、そんなことを思ったりしました。

自分が知っているお茶好きさんの特徴として、お茶の種類がたくさんあると喜ぶ。
急須やポットの茶殻を見たくなったり香りを確認したくなったりして、蓋を開けてのぞいたり、鼻を近付けたりする。
あとは、あんなお茶あった、こんなお茶あったという話をするのが大好き。
とか、かな。

種ノ箱では、お茶好きさんが増えるようなことをしたいと思っています。

アッサムティー

紅茶の産地として、インドは一番生産量が多い国として有名です。
その中でも、ダージリンの次に有名なのが、アッサム。
アッサム地方の紅茶で、コクがあるのでミルクティー向きなのが多いです。

紅茶を茶葉から淹れる人は、お茶っ葉の形状を気にします。
大きいか、小さいか、木の葉型の葉っぱの形状になる茶っ葉なのか、真ん丸のコロコロしたCTC製法なのか。
紅茶の香味にも影響するし、なにより抽出時間(蒸らし時間)に影響しますから。

スーパーや紅茶専門店でも、アッサムという名前を見かけたことがあると思います。
ミルクティーが飲みたいなら、とりあえずアッサムと書いているのを買ってみることをおすすめします。

e437b179-da3e-4186-a884-b65454b14e8a

抹茶

抹茶というと、なにをイメージしますか?

茶道、スイーツ、日本茶、畳、日本、緑、泡、京都といったところでしょうか。

お茶の一種なんですけれど、葉っぱの形状をしていなくて、粉末状です。
泡立っているのを薄茶(お薄、おうす)、どろどろの粘度の高い緑色の液体を濃茶(お濃、おこい)と言います。
たぶん、一般的にお抹茶というと、薄茶の方をイメージされると思います。

苦いお抹茶もあれば、旨みが強めのお抹茶もあります。

お抹茶の栽培は、玉露やかぶせ茶と同じように、茶の木に覆いをして、日陰をつくります。
茶の木は、根でアミノ酸の一種であるテアニンを作ります。
テアニンは幹、枝を通って、葉の部分に移動して、日光に当たると、苦渋み成分のカテキンに変わります。
苦渋みの少ない茶葉の方が、お抹茶として美味しいので、覆いをします。
覆いをすると、テアニンが多くなる以外に、やわらかく厚みのあり、緑色の濃い葉っぱになります。

お抹茶の加工は、煎茶とは違い、揉むことはありません。
覆いをしたお茶の木の葉っぱが大きくなって、摘み時になると、茶摘みをします。
摘んだ葉っぱは蒸して、揉まずに乾燥して、シート状にします。
これを石臼で挽けば、パウダー状のお抹茶ができあがります。

泡立った薄茶をつくるには、茶筅という竹でできた泡立て器を使います。
薄茶に濃茶を垂らすと、濃茶を絵の具がわりに絵を描くこともできます。
これが抹茶アートです。

efe37dea-6ac4-4695-84c6-4ab2e264256c

いまのところ、種ノ箱では、だいたい月に一回、抹茶アートを開催しています。
茶筅を使って薄茶をつくみたい!、抹茶アートをしてみたいという方は、お気軽にどうぞ〜

かぶせ茶

冠茶とか、かぶせ茶とか、被せ茶と書かれたりします。
茶の木の横に柱を立てて、棚を作って、覆いをする。だから、かぶせ茶と言われます。

e54c66d2-b8c4-463a-9182-8ba196d5e177

覆いをかけてる期間の長い玉露とほとんど覆いをしない煎茶の間のお茶。

日本茶をよく知っている人でも知らないかも知れないお茶。

旨味の多いお茶でちょっと上等なので、お湯の温度を低めにしてから急須にお湯を注ぐ。

2,3煎飲んでゆくと、味も変わってゆく。
上等な日本茶は少量しか飲まないから日本酒を飲む時みたいな、お猪口くらいの小さな器を使う。

小さな器の柄とか形のステキなのを使うと楽しくなる。

という感じかな。

記念紅茶

紅茶の国というと、イギリスが思い浮かびます。
彼の国では、何か記念することがあると特別ブレンドの紅茶が作られるようです。
というのも、お祝いの紅茶として、皇族のご結婚などで、種のセレブレーションブレンド(お祝いブレンド)の缶々を見たことがあるので。

さて、老舗紅茶専門店ムジカティーでは、セイロンティー150周年、ムジカティー65周年のセレブレーションブレンドを出しています。
前回のセレブレーションブレンドがちょうど10年前なので、待ち遠しいと思っていた人もいるんじゃないでしょうか。

今回のセレブレーションブレンドの缶々は、表に周年とスリランカの紅茶であることを示すライオンのロゴ。
左右の面にムジカの新旧のロゴがあしらわれています。
ポットとカップの新ロゴに対して、レコード盤と針の音楽喫茶時代の旧ロゴ。
背面には、紅茶のいれ方のイラストが印刷されています。
ホント凝ってますね。

スリランカでの現地詰め。
これも、10年前のセレブレーションブレンドと同じ。

ふたを開けて、、、
どうなっているかは書かないでおきます。
お楽しみが減りそうだから。

image.jpeg

飲んでみれば、あっ!と思うので、購入したり、飲めるところに行ったりしてみてください〜
(種ノ箱にも、まだあります^^;)

ところで記念紅茶というと、お店で買うものと決めつける必要はありません。
いくつか種類を持っていれば、自分でブレンドする。
自分好みのパッケージをつくる。
というのも、できないではないです。

色んなお茶の楽しみ方があると思うので、やりたくなった人はやってみてはどうでしょ〜

では〜

蒸したん?炒ったん?緑茶ってなに?

唐突ですが、質問です。

蒸しパンは好きですか?
こんがり焼き立てのパンとどっちが好きですか?

蒸しパンはふんわりふわふわしているのがいいですよね。
焼き立てのパンは香ばしくって、ふかふかふわふわしててこっちもなかなか。

ところで、お茶にも蒸したのと炒ったのがあるのをご存知ですか?

むか~しは、蒸し器である蒸篭(せいろ)で、摘んだお茶の葉っぱを青い香りが消えるくらいまで蒸して、それから、揉んで乾燥させてました。
今は、機械化されているのが主流ですけれど、原理は同じです。

一方、炒ったのというのは、摘んだお茶の葉っぱを丸釜などの鉄板の上で炒って、揉んで乾燥させる製法。
今でも九州に残ってます。

さて、化学の時間です。
バナナの皮を向いて、時間が経つと茶色くなってきますよね。酸化という化学変化が起きているんです。
実はお茶も同じで、摘んだお茶の葉っぱをそのままにしておくと茶色になってゆきます。
茶色になってゆくのを、お茶の専門用語で発酵と言います。
発酵という言葉からイメージされるヨーグルトとかの菌による発酵とは違って、お茶の場合は酸化発酵という化学変化で、酸化酵素が働いてお茶の葉っぱが茶色くなります。
酸化酵素の働きを止めてしまえば、それ以上発酵が進むことはありません。
茶色に目いっぱいなれば紅茶、途中のを烏龍茶、ほぼ緑のを緑茶といいます。

では、「酸化酵素の働きを止め」るには、どうするのでしょう?

答えは、熱をかけるんです。

熱をかける方法にも、種類がいくつかあります。
一つは蒸す、一つは炒る、他にも湯がく、あぶるというのもあったりします。
蒸す、炒るは比較的小さい芽でもできますが、湯がくとかあぶるになると小さい芽だと残りにくいのであんまりされていないようで、お茶っ葉の大きい番茶で使われる製法かと思います。

先日釜炒り茶を飲む会をやって、その流れでどうやったら美味しく入れられるかを練習してました。
会では、釜炒り茶ってどういうの?という質問にさらっと答えたのですけれど、折角だし、少し整理したくなったので、書き出してみました。

IMG_5387.JPG

蒸し製でも、深蒸しと普通蒸しで違うところがあるのですが、また機会があれば書きたいと思います。

では~

種ノ箱でのイベント予定(2017-2-5)

大阪市天王寺区空堀町の露地再生複合施設 宰-つかさ-の2階の種ノ箱のイベント予定です。
フェイスブックページに内容を記載しています。
お申し込みはメールでも承っております。フェイスブックをされていない場合は、 takiho@chaai.info までメールにてお申し込みください。

よろしくお願いします。