はじめに

いつも誰かがいて何かをしている。
母方のおばあちゃんちの居間は、四畳半でたたみの部屋でした。
種ノ箱は、四畳半のたたみと三畳ちょっとのキッチンがついたサロンです。
お茶したりおしゃべりしたり、何かを学んだり、アイデアを試したりする処。
ここに来る人の可能性の種が、少しだけ大きくなる場所にしたいと思っています。